ナレーター声優・ナレーター・アナウンサーというのは、仕事の内容もそれぞれ声を使っているのは確かなのですが、それぞれ違った知識と技術を駆使して活躍しています。どのジャンルも声を活かせるというのはもちろんなのですが、それ以上に求められることも多いです。特に近年は声優も多いですし、ナレーターとして活躍している方やアナウンサーとして人気の方も多いです。

 声を使う仕事はかなり狭き門となることは覚悟しておくことが必要です。ただ、専門学校のように集中して学べる分野を用意しているところであれば、コースごとに自分が進みたい道を決めていくことができます。それは、やはり魅力も大きいのではないでしょうか。

ちなみに、声優やナレーター、アナウンサーの仕事についても勉強しておくことが必要です。専門学校では声の出し方や大きさ、リズム、聞き取りやすさ、滑舌の良さなどを勉強していくことになります。それらを駆使しつつ、どのように活躍したいかについては、しっかり考えていくことが必要となるのです。ぜひ、それらの点も合わせて考えてみてはいかがでしょうか。 専門学校にはそれぞれコースが用意されているため、将来何になりたいかに合わせて選択していくことも必要です。目指している職業があるという方は、それに見合ったコースを選んでいくようにしましょう。